« 特長ある壁の色使いとコンクリートと天然木素材 | トップページ | どうなる?新国立競技場 »

2012年9月17日 (月)

コンクリート打ち放しと亜鉛メッキの柵の改修

先日完了しました外構の柵改修のご報告

5年ほど前に完成間近の建物(ハウスメーカー)がある状態で

外構設計のお話をいただきましたお施主様宅です。

道路が狭く車庫からの出入りがしにくいため

前面道路ぎりぎりまであった柵をセットバックして

玄関ポーチと同じ意匠の

溶融亜鉛めっき仕上のH鋼を配すことになりました。

ポーチ同様、長さが短くなったモダンな柵です。

Img_47951

 ビフォー(工事前)

Img_49761

アフター(工事後)

以前は柵の端と基礎コンクリートの位置が違う為

コンクリートにあたりそうになるところを、

H鋼を先端に配したことで、

上から下まで同じ位置となるため改善されます。

土から車路になったところはあらたにピンコロ御影石を敷いています。

また当社をご利用くださいまして、

施主のN様ありがとうございました。

|

« 特長ある壁の色使いとコンクリートと天然木素材 | トップページ | どうなる?新国立競技場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特長ある壁の色使いとコンクリートと天然木素材 | トップページ | どうなる?新国立競技場 »