« 余震 | トップページ | ある日の富士山 »

2011年4月23日 (土)

帰ってきました。

茨城から帰ってきました。

毎日余震があり、

なにか今も揺れている感じが体に残っています。

液状化の地区がやはり被害がひどく、

上下水道が止まったままでした。

今回地震の恐ろしさを目の当たりにし、

国全体に与えた影響も大変なものだと思いました。

Img_8640_r

帰りの朝

Img_8639_r

段差ができ埋められた水戸駅前の橋

Img_8642_r

水戸駅前のエスカレーターの段差

Img_8637_r

建物と道路に段差が生じている

水戸駅前でもこのぐらいの被害がざらにある。

通過点の東京はエスカレーターは節電で止められ、

照明も一部消されていた。

茨城では、いつも明々と照らされているコンビニの照明は

室内の半分近く節電で消されていた。

しかし、前向きにみな頑張っておられます。

茨城のバスに貼ってあった合言葉は「がんばっぺ茨城!」

でした。いまこそ力を合わせよう。

西日本は、経済活動を通常通り行い、

盛り上げないといけない。

Img_8649_r

いつもとかわらない、帰りの青い空

前に進んで今以上にがんばろうと思う。

みなさま、福岡に戻りましたので

またよろしくお願い申し上げます。

|

« 余震 | トップページ | ある日の富士山 »

コメント

お帰りさん!

投稿: KAJI | 2011年4月28日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 余震 | トップページ | ある日の富士山 »